人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

人生の目的

人生の目的は喜びを得る事と聖書にあるが、その為にやる事とは

投稿日:2017年9月16日 更新日:

人生が存在するのはなぜか

私達は、何処から来て何の為に生きているのか、という疑問を持つ事はあると思います。

その質問に対して、一言で言えば「人生が存在するのは、喜びを得る為である」と聖典には書いてあります。

普通 人は「人生の目的」というと、各々自分の成りたい「夢」や「目標」や「希望」を考えるかもしれません。それは人生の目的ではなく、自分自身の目的です。

所で人生とはこの世の時間だけではありません。正確に言うと、この世に生れて来る前の世界「前世」があって、そして この世の次の「来世」があります。

この様に人生には、前世――現世――来世 の三幕から成っています。

現世での生き方

でも私達は、前世も来世も知りません。前世については、この世に生れて来る時にその記憶を消されましたので覚えておりません。来世はまだ行っていないので知りません。

そしてその三世界で「現世」が一番短いのです。平均80~100年位でしょう。そして「来世」は永遠です。その永遠の来世を幸せに過ごす為に、現世で私達はしなければならない目的があるのです。

だからこの現世での生き方が非常に大切なのです。この現世での生き方、歩み方、行いによって、次に行く来世が各々多少違ってくるようです。

だから現世での生活や、行いがとても重要になります。つまりこの世の人生は、次の来世に行く為の準備期間なのです。ところで、来世はこの現世より遥かに良い所の様です。

(よく聞く話しで、一度心臓が止まって数時間して、再び蘇った人の実際の話しを聞いたり読んだりした事があると思います。その人達の話は ほぼ同じ事を言っておりますね。素晴らしい所だったと)

この世での人生の目的

さて、では「この世での人生の目的は何か」というと、「世の為 人の為」に役に立つ事や良い事をすることです。そうする事によって人生の喜びや、幸せを得る事が出来ます。

その為に自分に与えられた「才能」を磨いて、世の為 人の為に使うことです。これが、この現世での目的です。

ただこれは個人に任せられております。つまり自由です強制はされておりません。

常に選びは自由なのです。神様は全ての人に必ず一つの「才能」を与えておられます。

だから、その才能を磨いて伸ばし、世の為人の為に使うのか、それとも自分の私腹を肥やす為だけに使うのか、又は悪事に使うのか、はたまた

才能を磨く事も伸ばす事もせずに、「ボケ―」と気ままに暮らすのか、それは自由です。

全ては選択の自由ですが、その選びによって来世が違ってきます。

まとめ

まとめると、「人生の目的」とは

人は現世で終りではないから、現世から来世にかけて、幸せや喜びを得る為に、自分に与えられた才能を磨いて伸ばし、それによって「世の為 人の為」に役に立つ事です。

 







-人生の目的

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地上での生活は神の計画の一部であり、神の計画に不可欠な部分です

目次1 人の誕生と死が人生の始まりと終りではない2 この世に生まれる前私達は、神と共に住んでいました3 救いの計画について4 イエス・キリストという人5 復活を待つ場所 人の誕生と死が人生の始まりと終 …

困難は乗り越えたとき益となる

目次1 困難は益となる2 困難は人生の計画の一部3 安易な道に気をつける4 恐れてはならない 困難は益となる 人は誰でも生きて行く過程で、困難な事に見舞われます。 その困難もさまざまありますが、困難は …

イエス・キリストの行いを模範として人生を歩むこと

トーマス・S・モンソンの話し参照 目次1 自分の歩む道に気をつける2 イエスを模範としてその歩みに倣う3 イエスの行動に倣いその模範に従うとは4 人は失望の道も苦しみの道も歩みます 自分の歩む道に気を …

幸福に至る道は進めば到達することができる。

目次1 幸福の追求2 幸福にくらす事3 幸福を選ぶ4 優しく楽しい人になる 幸福の追求 (ジェフリー・R・ホランドの話参照) 幸福は私達が存在する目的であり、目指しているものです。幸福に至る道を進めば …

純潔の人生の永遠にわたる重要性について

デビット・A・ベトナー の話しから 純潔の律法に従うならば、現世では幸福が増し、永遠の世では進歩が可能になります。 目次1 神が立てられた幸福の計画2 肉体の重要性3 生殖の力4 性道徳の標準5 …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています