人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

人生の目的

地上での生活は神の計画の一部であり、神の計画に不可欠な部分です

投稿日:

人の誕生と死が人生の始まりと終りではない

(ウエザーフォード・T・クレートンの話しから)

クレートン氏は長年医師として働き、また敬虔なクリスチャンとして奉仕もしてきました。彼は医師としてまだ間もない頃、若い母親の初めての出産を手伝う特権に預かりました。その時の話しからー

 

赤ちゃんが生まれると、生まれたばかりのかわいい赤ちゃんを、母親の腕に抱かせてあげました。

喜びの涙で頬をぬらした母親は、母親らしく 愛情深くしっかりと赤ちゃんを抱いていました。その姿は感無量です。

私達一人一人の人生はこの様にしてはじまりました。

しかし誕生が本当に人生の始まりでしょうか、いえ、この世では誕生と死が人生の始まりと、終りであると理解されていますが、そうではありません。

神の神聖な計画により、わたし達の誕生と死は、人生の旅路の節目にすぎないのです。

地上での生活は神の計画の一部であり、それは神の計画に不可欠な部分であり、この世と天が交わる神聖な瞬間でもあります。

この世に生まれる前私達は、神と共に住んでいました

わたし達は生まれる前は霊として、その霊の御父である神とともに住んでいました。

この世に生を受けるまでの長い間、わたし達は御父の元で学び、選択し、準備しながら御父と住んでいました。

天の御父は、わたし達を愛しておられるので、永遠の命という賜物を与えたいと願っておられます。しかしこの賜物を、無条件で与える事は出来ませんでした。

わたし達が御父に従い、御父の道を選ぶことを通して、自ら受ける必要がありました。そのために私達は、御父のみもとを去り、信仰と、成長と、向上という、また困難も伴う旅路を歩み出さなければなりませんでした。それが、この世に生れてくることでした。

地上に住む私達は、みな文字通り神の家族を構成する兄妹、姉妹であり、一人一人が御父である神にとって大切な存在です。

そのわたし達のために備えられた旅路は、「救いの計画」または「幸福の計画」と呼ばれています。

救いの計画について

この世に生まれるまえの前世において、御父はわたし達に、その計画について話されました。その計画を理解したわたし達は、歓喜しました。

計画は三本の柱のうえに建っています。

第一の柱は、この世の旅路の舞台となる地球の創造です。

第二の柱は、地上における私達人類の最初の両親である、アダムとエバの堕落です。それによってわたし達は誕生し、肉体を受けられる様になったのです。

第三の柱は、救い主イエス・キリストとその贖いでした。 つまり、わたし達はこの地上で生活するとき、いつも良い選択をするわけではなく、罪を犯すこともある事を、御父は御存じでした。そこで、そんな罪人のわたし達を救うために、イエス・キリストを遣わしました。

イエス・キリストという人

イエス・キリストは、神の独り子で、常に御父の戒めを守り、完全な人生をおくられました。

イエス・キリストは永遠の真理を教え、病人を癒し、目の不自由な人々の目が見えるようにし、死人を蘇らせながら、パレスチナの道を歩まれました。

イエスは、良き働きをしながら巡回され、全ての人々にご自身が示す模範に従うよう熱心に勧められた。

そしてキリストは、この世における最後の時に、ひざまずき こう祈られました『父よ御心ならばどうぞこの杯を私から取りのけてください、しかしわたしの思いではなく、御心が成るようにしてください』と、祈り苦しまれました。それほどイエスにとってこの業は苦しいものでした。

わたし達の罪、病、苦痛、弱さの代価を支払ってくださる イエスの業は、「ゲッセマネの園」から始まりました。

そのおかげで、わたし達がイエスの教えと共に歩むことを選ぶならば、その様な弱さにあっても決して独りになることはないのです。

イエス・キリストは、捕えられ、偽りの訴えによってとがめられ、暴徒の意に応じて有罪とされ、カルバリの十字架上において、「全人類の罪を贖う」ために、命をささげられました。

こうして、地上に生を受けた全ての人々のために、偉大な身代わりの贈り物となられたのです。

そしてキリストは、死から三日目に蘇られました。二度と死ぬことのない復活した完全な肉体をもって、墓から蘇られました。

こうして、キリストが復活されたことにより、わたし達も復活する事が出来るのです。

復活を待つ場所

癌を患っていた 一人の信仰篤い末日聖徒の女性の病室に入った時、彼女のそばに二人の娘が座っていました。

ベッドの傍らに近ずくと、彼女はもう苦しんでいない事が分りました。ちょうど亡くなったところだったのです。

その死の瞬間部屋には平安が満ちていました。彼女の娘達は悲しみながらも、顔つきは穏やかでその心は信仰に満たされていました。

母親は去ってしまったのではなく、故郷に戻ったことを知っていたからです。

わたし達が死ぬとその魂は体を離れ、旅路の次の段階である「霊界」に行きます。そこは 学び、悔い改め、赦し、成長の場所で、復活を待つ場所です。

復活した後のわたし達は、神の裁きを受けます。地上の生活での各々の行いに応じて、裁かれるのです。

その後で、信仰を持ち、悔い改め、最後まで耐え忍び神に従う事を、選ぶすべての人々は、自分達の旅路の終りが御父のみもとに帰り、御父と共に永遠に住むのです。

わたし達の存在は、誕生と死の間に起こることを、はるかに超えたものです。

 

 







-人生の目的

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

純潔の人生の永遠にわたる重要性について

デビット・A・ベトナー の話しから 純潔の律法に従うならば、現世では幸福が増し、永遠の世では進歩が可能になります。 目次1 神が立てられた幸福の計画2 肉体の重要性3 生殖の力4 性道徳の標準5 …

人生の目的は喜びを得る事と聖書にあるが、その為にやる事とは

目次1 人生が存在するのはなぜか2 現世での生き方3 この世での人生の目的4 まとめ 人生が存在するのはなぜか 私達は、何処から来て何の為に生きているのか、という疑問を持つ事はあると思います。 その質 …

イエス・キリストの行いを模範として人生を歩むこと

トーマス・S・モンソンの話し参照 目次1 自分の歩む道に気をつける2 イエスを模範としてその歩みに倣う3 イエスの行動に倣いその模範に従うとは4 人は失望の道も苦しみの道も歩みます 自分の歩む道に気を …

困難は乗り越えたとき益となる

目次1 困難は益となる2 困難は人生の計画の一部3 安易な道に気をつける4 恐れてはならない 困難は益となる 人は誰でも生きて行く過程で、困難な事に見舞われます。 その困難もさまざまありますが、困難は …

人生は自分でしか決められない、失敗を恐れず諦めないこと

目次1 自立する事が必要です2 失望や心痛には原因があります3 自立はより高い目的を達成するための手段です4 まとめ 自立する事が必要です 人生に於いて私達は、ほかに頼らず生活出来る様になるために、自 …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています