人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

家族の目的

家族の大切さは、永遠に変わらない

投稿日:2017年12月13日 更新日:

家族に関する神の永遠の計画

(末日聖徒M・ラッセル・バラードの話しから抜粋)

男女の間の結婚は、神によって定められたものであり、家族は神の子供達の永遠の行く末に対する創造主(神)の計画の中心を成すものです。

家族について分り易く説明するために、末日聖徒が「救いの計画」と呼んでいるもの、すなわち天の御父の永遠の計画では、私達と私達の家族が不滅であり、永遠に続くものであることを強調しています。

 

この世に来る前、私達は天の御父である神と共に住んでいました。神は文字通り私達の霊の御父であり、私達は神の霊の子供です。したがって、この世に生を受ける人は皆、霊の兄弟、姉妹なのです。

神の大いなる目的は、私達一人一人が神の全ての祝福を享受できるようにすることです。

神の計画の中心は、イエス・キリストです。 イエス・キリストは贖いによって御父の目的を果たされました。

私達が神様の計画を受け入れて結婚するならば、この世においても、永遠にわたっても夫婦と家族のきずなは、神様の権能によって結ばれ、墓を超えて続くものとなります。

それは、社会や法律、世論が変わろうとも、家族に関する世の解釈が、神の子供達のために神が定められた目的と計画に取って変わる事はできません。そのような事はおこりません。

しかしその様な教義や声明は、不合理な宗教的意見だと考える人もいて、現在の世界において、結婚生活と子供が軽視される一方で、2015年の6月にアメリカ合衆国最高裁判所は、同性結婚を認めましたが、しかしながら誠実で理性ある人々が異なる意見を持つ事もあるのを、あえて認めました。

結婚は宗教に従って生活する人々にとって神聖なものです。

フランシスコ法王はこう語っておられます『神は幸福になるように男と女を創造されました。補え合える人と人生の旅を共にし、愛にあふれるスバラシイ経験をし、愛し、愛され、自分達の愛が子供という形で結実するのを、目の当たりにするように創造されたのです。』

又、南部バプテスト教会はこう宣言しています『結婚は一人の男性と一人の女性を、生涯にわたる聖約によって結びつけます。夫と妻はともに神の形に創造されたため、神の前に等しい価値を有します』

永遠の家族について、末日聖徒が抱く教義上の信念と、ほかの教派の著名なキリスト教指導者の語った言葉を読むと、末日聖徒が伝統的な家族を養い、守り、推進することに、これほど熱心な理由が理解できるようになります。

信仰、家族、自由

結婚は男女という異なる性を持つ二人の結びつきなのです。

この国および全世界で、理性ある誠実な人々は長い間誠意をもってこのように考えてきましたし、これからもそう考え続けることでしょう。

 

両親には愛と義をもって子供達を育て、また互いに愛し合い、仕え合い、神の戒めを守るように教える、という神聖な義務があります。

夫と妻、即ち父親と母親は、これらの責務の遂行について、将来神の前で報告することになります。

私達は世の流れに逆行しているように思われるかも知れませんが、伝統的な結婚の見方を固持し続ける私達を、支持する動きもたくさんあります。

愛し合うための指針となる原則

家族の中では意見の合わない人を避けず、避けるべきでもないのと同様に、外見や考え方、行動が自分と異なる人を避ける事は出来ませんし、避けるべきでもありません。

私達は人として最大限、模範的な振る舞い、神のすべての子供達に愛と思いやりを示します。

とげとげしい口調で話したり、レッテルを貼って人をばかにしたりすることなく、意見の異なる人の中でも互いに理解し、敬意を払ってだれもが平等に扱われるよう努めます。

イエス・キリストは、人を愛することにおいて究極の模範であられました。私達一人一人の罪や代価を払うという、苦痛に満ちた十字架の刑のほんの数時間前に、キリストは使徒達と共に過ぎ越しの食事、すなわち最後の晩餐を取り、死すべき肉体をもって与えることのできる最後の指示を与えられました。その教えの中に人の心を鼓舞し、人生を変える宣言があります。

『わたしは新しい戒めをあなた方に与える、互いに愛し合いなさい。わたしがあなた方を愛したように、あなた方も互いに愛し合いなさい。』(ヨハネ13:34)

わたし達は男女間の結婚の長所について、異なる意見を持つ人を見下したり、傷つけたりすることなく、具体的に熱く語ることができます。信条や習慣に関係なく兄弟姉妹として、理解し合う努力をするべきです。

まとめ

末日聖徒イエス・キリスト教会の教義と神学は、文字通り家族に始まり、家族に終わります。先に言ったことを繰り返します。

わたしたちは、この地上に生を受ける前に、神の家族の一員として前世で霊として暮らしていたことを信じています。そして、地上にいる間に天の両親の子供として、神の戒めを守る人に約束された祝福を受けるために、備えなければならないことを信じています。

この知識があるので、この世に別れをつげ、神のみもとに戻り、神の計画の真の目的をはっきりと知るその日のために、わたし達は各人が備えるのです。

 

 







-家族の目的

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家族および家庭生活は幸福の源泉である

目次1 永遠の家族の教義について最も大切なものは何か2 神によって定められたもの3 神の方法4 まとめ 永遠の家族の教義について最も大切なものは何か (エリック・W・コビシュカの話し参照) 家族およ …

家庭とは、教訓を学べる人生の学校です

目次1 教訓を学べるのが家庭です2 愛してほしいのです3 抱きしめてもらいたいのです4 慰め 教訓を学べるのが家庭です (エンリケ・R・ファラベラの話し参照) 家庭は、この地上における天国の一部とす …

世の中 道理がはずれて正しい事が分らなくなっています。

目次1 悪の誘惑に気をつけなければならない2 神の標準とは3 家族の宣言とは何か4 家族の宣言の内容とは4.0.0.1 家族(世界へ)の宣言5 まとめ 悪の誘惑に気をつけなければならない 世の中 若い …

夫婦の意見の対立の解消法は、相手を思いやる心です

目次1 夫婦は意見の対立を解消する方法を、学ばなければなりません2 意見が対立する原因3 結婚生活を強める為には、意見の対立を解消する為の3つの段階がある4 まとめ 夫婦は意見の対立を解消する方法を、 …

父親とは家族を愛し 養い 守る責任がある

目次1 男性が夫 又は父親として行うこと2 社会的な面からみて3 父親の役割は、その起源は神にあって天の御父から始まります。4 男性の最も重要な役割5 若い男性の人達の備えかた 男性が夫 又は父親とし …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています