人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

信仰と愛

愛は行いであり、愛は仕えること、互いに愛し合わなくてはならない

投稿日:

愛は心からの献身、思いやりの心です

イエス・キリストが十字架にかけられる前日の「最後の晩餐」のとき、イエスは新しい戒めを弟子達に与えて言われました。

『わたしは新しいいましめをあなたがたに与える、互いに愛し合いなさい。わたしがあなた方を愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。互いに愛し合うならば、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての者が認めるであろう。』(ヨハネ13:34-35)

 

(ホセ・L・アロンの子供の頃のお話です)4歳のホセはいつも一緒に遊んでくれているお婆ちゃんに聞きました。「おばあちゃん、ぼくを愛してる?」と、おばあちゃんは「そうよホセ、心から愛してるわ」と答えました。すると「僕を愛してるって、どうしてわかるの?」と聞き返しました。お婆ちゃんは自分が 孫に抱いている気持ちを伝え、これまで彼の為にしてきた事や、これからも彼のために喜んでしたい事を、すべて話しました。

それから おばあちゃんも孫に同じ質問をしました。

「ホセはおばあちゃんを愛してる?」「それがどうしてわかるの?」と

ホセは「愛してるよ、だって心にそう感じるんだもん」と無邪気で誠実な返事が返ってきました。

でも、本当に孫は祖母に示す愛のこもった行いは、感情だけでなく 行いと一体であることを教えてくれます。

愛は赦すこと

慈愛とよばれるキリストの純粋な愛は、行動し、奉仕を行うよう 私達を駆り立てるだけでなく、状況に関係なく、赦す強さも与えるものです。

 

これは、ある人の人生を変えることになったお話ですが、2008年アメリカのある家族におこった事実です。

お母さんと4歳の子供が道路を歩いておりました、子供は自転車に乗っていました。

二人が道路を横断しようとした時、一台の車がゆっくり左折してきて子供を轢いてしまいました。急いで助けましたが外傷はありませんでした。でも、非常に息苦しそうでした。すぐに病院に運ばれました。

すぐ連絡を受けた父親が、あわてて病院に駆けつけました。そして医師の処置でしばらく両親と子供は一緒に時間を過ごすことができました。しかし、残念ながら子供は帰らぬ人となてしまいました。

悲しみにうちひしがれた両親は、車を運転していた青年について話し始めました。その青年は、ちょうど一つ向こうの通りに住んでいて、同じ区域内に居たにもかかわらず、お互いに知りませんでした。

次の日 彼の自宅で、車を運転していた青年とその両親に会いました。

この青年は善良な青年である事がわかりました。そこに集った彼らは長い時間 ともに涙を流していました。

起こったことは不慮の事故であったことが分っています。子供を亡くした両親はこの青年を赦しました。

そして善良な青年を愛することができたのです。この青年の心の苦しみがどれほどの物か分ったからです。

これは、真の愛と赦しのお話です。

赦すことは簡単なことではありません

私達はおなじように、ほかの人々に仕え、赦すときに喜びと幸福を感じることができるのです。

自らの生き方を吟味し、思いやりと、愛と、慈愛のある人になることによって、救い主の模範に従うことができます。

私達が互いに愛し合おうとするとき、神は助けを与えてくださいます。

そして真の愛をもってほかの人に仕え、赦すことによって私達が癒され、自分自身の問題を、克服する強さを受けることができます。

しかし赦す事は、相手や場合によっては簡単なことではありません。とても難しいと思います。だから、それが出来たとき祝福があるのです。

まとめ

様々な状況のゆえに、多くの苦しみに取り巻かれている今日の世界では、「愛しています」という言葉にユーモアのある絵文字や、すてきな画像を添付してメッセージ文を送る事は、好ましくそれなりに良いことです。

でも、私達の多くに必要な事は、私達の手と足を使って困っている人を助ける事です。

奉仕のない愛は、実際には死んだものなのです。







-信仰と愛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛と慈愛との違いとは、慈愛は単なる愛慕の情ではありません

目次1 人には愛がなければ生きていけない2 愛と、慈愛と、思いやり、の違いについて2.0.0.1 愛とは2.0.0.2 慈愛とは2.0.0.3 おもいやりとは3 人には慈愛が必ずなければならない 人に …

信仰とは望んでいる事柄を確信し、まだ見ていない事実を確認する事

信仰とは「イエス・キリスト、希望、信じる、信頼」の言葉によるもの 信仰は、あるものに信頼を寄せることです、聖典に言われているように、信仰とは「イエス・キリスト」に対する確信と信頼であり、その確信と信頼 …

言葉の使い方が下手とか間違いよりも、益する言葉が大切

目次1 突然起こった予想外の事2 一体何を考えているんだ。3 パウロの警告4 益になる言葉を使う5 まとめ 突然起こった予想外の事 (W・クレーグ・ズウィックの話しを参照) 少し昔の話しですが、ある日 …

豊かな人生とは何か、それを見出すには信じて、愛して、行うことです

目次1 人生はむなしくて無意味か2 大きな希望3 信じ、愛し、行う4 繰り返しの練習がひつよう 人生はむなしくて無意味か (デイーター・F・ウークトドルフの話し参照) 旧約聖書に出て来る古代の偉大 …

奇跡はあるのか、奇跡を望むなら信仰がなくてはならない

目次1 奇跡的に助かった事故2 正に奇跡でした3 奇跡とはどんな時に起こるのか4 まとめ 奇跡的に助かった事故 末日聖徒(ドナルド・L・ホールストロム)の話しから カリフォルニア州で、知人のクラーク・ …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています