人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

人生の目的

困難は乗り越えたとき益となる

投稿日:

困難は益となる

人は誰でも生きて行く過程で、困難な事に見舞われます。

その困難もさまざまありますが、困難は否定的に考えるのではなく、良く考えれば、困難は私達を強くし、謙遜にし、そして自分の能力を発揮する機会を与えてくれるものです。

人生で困難が訪れるのは、何ら驚くべきことではありません。

困難は犠牲を伴いますが、犠牲には当然のこととして、何か好ましいものを諦めることが伴います。

しかし、私達はその後に受ける祝福に比べれば、それがわずかな代価であることを、理解します。

困難は人生の計画の一部

困難は、神の福音の計画の一部なのです。

わたし達にとって この人生の目的の一つは試めしを受けることです。

それらの試練を通して、神は忍耐と信仰を教えます。

それを よく耐え忍ぶように教え、あなたの益となるであろうと、約束されました。

だから私達が、安易な悪ではなく、困難な善をいつも選ぶ様にして頂きたいと、いうわけです。

ひな鳥にとって、卵の固い殻を破って出るのは、大変なことです。しかし、出やすいようにしてあげると、ひな鳥は生きて行くのに必要な強さが身につきません。

同様に蝶は繭から抜け出そうと、もがく事でその後生きて行く為の強さを得ます。

これらの例から、困難は常に存在することが分ります。誰もが問題に直面します。変えられるのは、困難にどのように対応するかです。

わたし達は、それぞれが困難にどの様に対応するかを、選ぶのです。

安易な道に気をつける

ところで世間には、大富豪がたくさんいらっしゃいます。彼らは、ほぼ全員が 何も無いところから多大な努力によって、事業を成功させてきております。

ところで、そういう彼らの一部の人達から聞くことは、「子供には楽をさせてあげたい」という言葉です。これは残念な言い分です。彼らは自分が味わった苦労を、子供にはさせたくなかったのです。

しかし言い換えると、まさに自分に成功をもたらせてくれたものを、子供から奪おうとしているのです。

その一方で、異なる方法を取った親もいらっしゃいます。

ある成功者の父親は、息子が8歳になった時、経済的に自分の力でやっていくように、と言ったということですが、でもいくら何でも8歳は早すぎますが、

この話に感化されたある家族が、家族で自分達の方針を作り、子供はそれぞれ高校を卒業したら、経済的に独立し、その先の教育(大学や大学院等)や生活は自分の力で、やっていく(まさに自立する)ことにしました。

幸い 子供達は賢く対応しました。全員が大学を卒業し、大学院を修了した子供達もいて、皆が自力で達成しました。

安易な道ではありませんでしたが、成し遂げました。勤勉さと信仰をもって成し遂げたのです。

わたし達は、神を信頼する信仰を持つことによって、成し遂げる事が出来ます。神はわたし達に最も良いものを与えたいと、望んでおられますから、わたし達の祈りに応えてくださいます。

恐れてはならない

今日の世の中は、困難に満ちています。悪が蔓延し、あらゆる国に腐敗が見られ、安全な場所にもテロ行為がおよび、経済破綻、失業、病気、自然災害、内戦、独裁的な指導者、などが見られます。

わたし達は何をおこなうべきでしょうか。

何をするときにも、恐れから決断したり、行動したりするべきではありません。

神が私達にくださったのは、臆する霊ではないのです。

困難な時期に対する神の答えは、信仰をもって前進することです。

どのような事が困難か、人によって意見が異なるかもしれません。どの様なことであっても、信仰をもって前進し、神とその計画を信頼する人にとって、困難は益になります。

 







-人生の目的

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生の目的は喜びを得る事と聖書にあるが、その為にやる事とは

目次1 人生が存在するのはなぜか2 現世での生き方3 この世での人生の目的4 まとめ 人生が存在するのはなぜか 私達は、何処から来て何の為に生きているのか、という疑問を持つ事はあると思います。 その質 …

人生は自分でしか決められない、失敗を恐れず諦めないこと

目次1 自立する事が必要です2 失望や心痛には原因があります3 自立はより高い目的を達成するための手段です4 まとめ 自立する事が必要です 人生に於いて私達は、ほかに頼らず生活出来る様になるために、自 …

「贖う」という言葉の意味を分り易く説明、そして理解出来る

贖いとはどういうことか 一言で「贖い」とはどういうことかと言うと、「罪などの肩代わりをすること、またその代わりとなるもの」ということですが、特にキリスト教の教義の一つです。それは、自らでは贖うことの出 …

純潔の人生の永遠にわたる重要性について

デビット・A・ベトナー の話しから 純潔の律法に従うならば、現世では幸福が増し、永遠の世では進歩が可能になります。 目次1 神が立てられた幸福の計画2 肉体の重要性3 生殖の力4 性道徳の標準5 …

幸福に至る道は進めば到達することができる。

目次1 幸福の追求2 幸福にくらす事3 幸福を選ぶ4 優しく楽しい人になる 幸福の追求 (ジェフリー・R・ホランドの話参照) 幸福は私達が存在する目的であり、目指しているものです。幸福に至る道を進めば …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています