人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

信仰と愛

豊かな人生とは何か、それを見出すには信じて、愛して、行うことです

投稿日:

人生はむなしくて無意味か

(デイーター・F・ウークトドルフの話し参照)

旧約聖書に出て来る古代の偉大な「ソロモン王」は、歴史上最も外面的に成功を収めた人物の一人です。

富や、権力、崇敬、誉れなど、あらゆるものを手に入れていたように思われます。しかし、身勝手でぜいたくな生活を数十年間送った後、ソロモン王は、自分の人生をどの様に言い表したでしょうか。

「いっさいは空である」と述べています。

この人は、あらゆるものを手に入れたにもかかわらず、最後には幻滅を感じ、悲観的となり、幸せではありませんでした。

ドイツ語に「Weltschmerz(ウエルトシュメルツ)」という言葉があります。大まかにいうと、世界が本来あるべきだと、思っている状態より、劣っている ということを、思い悩んで抱く悲しみを意味します。

悲しみが音もなくわたし達の人生に、忍び寄るとき、昼にあふれた悲しみが、夜に深い影を落とす時、愛する人や、自分の周囲に悲劇が起こり、不当な仕打ちを受けるとき(ウエルトシュメルツ)は やって来ます。

そして孤独で不幸な旅路を歩み、苦しみで心が暗く、平穏でなくなるとき、わたし達は「人生はむなしくて無意味だ」というソロモンの言葉に同意したくなってしまうかも知れません。 しかし

大きな希望

幸い希望はあります。空虚や空しさ、人生の(ウエルトンシュメルツ)には、解決策があります。

誰もが感じるかも知れない、この上なく深い空しさ、絶望、落胆に対してさえも、解決策があります。

それは、イエス・キリストの福音が持つ、人生を変える力の中に、また霊的な病から わたし達を癒す救い主の贖いの力の中に、希望を見出せます。

イエスはこう宣言されました。「わたしが来たのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである」

自分の必要や、自分の業績に焦点を当てることではなく、主の方法に従い、主の業に携わることによるのです。

自分のことを忘れて、キリストの偉大な大義に携わることによって、豊かな人生を見出すのです。

キリストの大義とは何でしょうか、それは、主を信じ、主が愛されたように愛し、主が行われたように行うことです。

イエスは、「良い働きをしながら巡回されました」貧しい人、見放された人、病気の人、恥じ入っている人、の間を歩かれました。無力な人、弱い人、友の居ない人、に仕えられました。

彼らと共に時間を過ごし、言葉を交わし、そして彼らを皆癒されたのです。救い主は行かれる先々で、福音の「良い知らせ」を教えられました。

人々を、霊的にも、この世的にも、自由にする永遠の真理を伝えられました。

ソロモンは 間違っていました。人生は「空」ではありません。反対に目的を持ち、異議深く、平安に満ちた人生を送ることができます。

信じ、愛し、行う

聖文はこう教えています。「信仰がなくては、神に喜ばれることはできない。なぜなら、神に来る者は神のいますことを必ず信じる筈だからである。」

ある人にとって信じることは、困難です。時々、自分達のプライドが妨げとなるのです。

自分には、知性、教養、経験があるのだから、簡単に神を信じられない と考えるかも知れません。そして宗教を愚かな言い伝えと、捕えるようになります。

私の経験から言えば、信じることというのは、鑑賞して称賛し、それについて語り合って、理論化する絵画のようなものではありません。

それは畑に持ち込み、額に汗して地にうねりを作り、種をまいていつまでも残る実を結ぶ様にする、農具のスキのような物です。

神に近ずくなら、神は自分に近ずいてきてくださいます。

聖文が明らかにしているように、わたし達は神と神の子供達を愛すれば、愛するほど幸せになります。

しかし、イエスの言われた愛は、ギフトカードのような使い捨ての、すぐ他のことに心が移るような愛ではありません。

「わたしが出来ることがあれば教えてください」という様な愛ではありません。

神が語っておられる愛は、朝 目が覚めた時に心に入って来て、一日中心にとどまり、一日の終りに声に出して、感謝の祈りをささげるときに、胸がいっぱいになるような愛です。

これは言葉では言い表せない愛です。この限りない思いやりがあってこそ、わたし達は他の人々がどの様な人であるか、もっとはっきりと見ることができるのです。

繰り返しの練習がひつよう

何かが上手になるためには、繰り返しの練習が必要であることを私達は知っています。クラリネットの演奏、ボールをネットに蹴り入れること、自動車の修理、飛行機の操縦、はどれも練習する事でますます上達します。

私達には独自の才能、能力、または個性があります。これらの個性や才能を、主から与えられた方法で生活し、主が行われた方法で、他の人に祝福をもたらす練習する場所が、イエス・キリスト教会だと思います。

 

人生は、時折困難かも知れません。確かにすべての人に失望と落胆の時期があります。

しかし、イエス・キリストの福音は希望をもたらします。そしてわたし達はイエス・キリストの教会で、家庭のように心休まる場所、ともに信じ、愛し、行うことが出来る成長の場を求めることができます。







-信仰と愛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人を赦すならば、自分も赦されることになる

目次1 赦しは癒しの原則です2 神は公平な罰を与えられる3 理解と平安を深めること4 互いに思いやりを持たなければならない 赦しは癒しの原則です (ケビン・R・ダンカンの話しから) 神から出るあら …

信仰とは望んでいる事柄を確信し、まだ見ていない事実を確認する事

信仰とは「イエス・キリスト、希望、信じる、信頼」の言葉によるもの 信仰は、あるものに信頼を寄せることです、聖典に言われているように、信仰とは「イエス・キリスト」に対する確信と信頼であり、その確信と信頼 …

愛は最も大切なものですが、非常に難しい問題は人を裁く事です

目次1 人を裁くこと2 うわべで人をさばかない3 慈愛とは何か 人を裁くこと (トーマス・S・モンソンの話参照) まずは、私が話したい事をうまく表現している短い話しをしてみたいと思います。 リサとジョ …

感謝をするということは、どんな状況にあっても感謝する事

ディーター・F・ウークトドルフの話し参照 目次1 わたしたちは感謝することができる2 物ごとに対して感謝する3 自分の置かれた状況にあって感謝する4 信仰の行いとしての感謝 わたしたちは感謝するこ …

愛は行いであり、愛は仕えること、互いに愛し合わなくてはならない

目次1 愛は心からの献身、思いやりの心です2 愛は赦すこと3 赦すことは簡単なことではありません4 まとめ 愛は心からの献身、思いやりの心です イエス・キリストが十字架にかけられる前日の「最後の晩餐」 …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています