人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

人との関わり

人は人としてどうあるべきか、子供を善良な人に育てるには

投稿日:

リン・G・ロビンズの話し参照

善を行う人とはどの様な人物か

イエス・キリストは弟子達にこの様にいわれました。

「あなた方はどの様な人物であるべきか、まことにあなたがたに言う、わたしのようでなければならない」

キリストの様になるには、私達もキリストが行ったことを行わなければなりません。

「まことに、まことにあなたがたに言う、あなたがたは、わたしがするのを見たその行いを、あなたがたもしなさい」

性質と行いは切り離すことができません。例えば、信仰があれば祈りますし、祈れば信仰が強くなります。

キリストは、しばしば善意なく善を行う人を「偽善者」と非難なさいました。「この民は口さきではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている」と

善意なく善を行うのは偽善であり、本性を隠す人はうそつきです。

逆に善良な人であっても、善を行わなければ空しいものです。

「信仰もそれと同様に、行いを伴わなければそれだけでは死んだもの」なのです。善行を伴わないような善良さ というものはありません。

善良だと自負していても、善い事をしようと思うだけで、行わない人は自分を欺いています。

善意なく善を行うという偽善は、人に嘘をつくことです。一方善意がありながら善を行わない場合は、自分に嘘をつく事になります。

キリストは、律法学者やパリサイ人を、偽善者だと厳しく非難されました。

「偽善な律法学者、パリサイ人たちよあなたがたは、わざわいである。はっか、いのんど、クミンなどの什分の一を宮に納めておりながら、律法の中で最も重要な公平と、あわれみと、忠実さを見逃している。」

言い換えれば、彼らはなるべき人物になっていませんでした。

良い性質を持つ

キリストは、善を行うことの大切さを認めながらも、良い性質を持つことを「もっと重要な事」としています。

良い性質を持つことの大切さとは、なすべきことのリストを作って、達成したことを忘れない様にする人は多いのですが、身に付けるべき性質のリストを、持っている人はめったにいません。どうしてでしょうか、

「なすべきこと」とは、その活動や行事が終わればチェックを入れることが出来ます。しかし性質のリストは、これで終り、ということがありません。終わった、というチェックが入らないのです。

土曜日の夜、妻を外に連れ出して楽しませる事が出来ます。これは善い行いです。しかし、一度何かをすれば良い夫になれるという訳ではありません。性質、人格、人となりを変える必要があります。

また、親として良い親になる努力に終りはありません。そして、良い親として、子供に教えることのできる最も大切な一つは、キリストのようになる方法です。

キリストのような特質を見る事が出来ませんが、目に見えない行いに表れます。たとえば、親は歩き方を教えるのに、子供を支えたり褒めたりしますが、これは目に見える行いです。この様な行いは、目に見えない愛と、子供の可能性に対する信仰と期待の表れです。

行動を生みだすのは私達の性質であり、それは行動の動機なのですから何をするべきか、教えるよりも好ましい性質を身に着けるように教える方が、行動を改善する上で効果があがるでしょう。

行動は目に見えない動機の表れ

子供が悪い事をした場合、たとえば、喧嘩をした場合にはその行動、つまり、目に見える喧嘩をやめさせるようとすることが多いのですが、これは間違っています。

行動は目に見えない動機の表れにすぎません。次のように考えると良いでしょう。

「この子はどんな特質を理解したら、このようなことをしなくなるだろうか、腹が立った時、がまんし、赦すという特質だろうか、思いやりがあって、和を大切にするという特質だろうか、それとも、自分の行動に責任を持ち、人のせいにしないという特質だろうか」

親は、この様な特質をどうやって子供に教えたらよいのでしょうか。

キリストの様な特質を教え、示す機会として訓練に勝るものはありません。

訓練は、訓練する側に忍耐と教える努力が必要です。

怒りながら訓練すべきではありません。「説得により、寛容により、温厚と柔和により、また偽りのない愛により、優しさと、純粋な知識」によって訓練することができますし、そうすべきです。

これらはすべて、キリストのような特質であり、親として私達が身につけなければならないものです。

訓練によって結果を学ぶ

子供は訓練によって結果を学びます。マイナスをプラスに変えるチャンスです。

子供が悪い行いを告白したら、告白した勇気を褒めてください。間違いや悪い行いから何を学んだか、尋ねてください。

これは親が子供の心に触れ、子供を教える機会となります。そしてもっと大切なのは、御霊が子供の心に触れ、子供を教えるということです。

『罪を憎んで人を憎まず』という言葉は誰でも聞いたことがあります。これを同じく子供が悪い事をした場合に、(だから自分は悪い子なのだ)と子供に思いこませるようなことを言わないように、気をつけなければなりません。

「ばか」「のろま」「怠け者」「まぬけ」などと言って失敗を一つの行為ではなく、本人の本質であるかのように、感じさせてはならないのです。

子供は神の子です。それが彼らの本来の姿であり、可能性です。神の計画は御自身の子供達が、間違いや悪い行いを克服して成長し、神のようになることです。

ですから、失望させるような行動は一時的なものと見なすべきです。直らないものでも、その人の本質でもありません。

ですから私達は、子供をいさめる祭「あなたはいつも・・・・」とか「あなたは絶対・・・・」などの決めつけるような言葉を、使わないように気をつける必要があります。

「あなたは私の気持ちなんか絶対考えてくれない」とか、「あなたはどうしていつも待たせるの」などの言葉を用いないように気を付けてください。

このような言葉は、相手の行為を人間性の表れであると、決めつけるものであり、子供の自己認識や自尊心に悪影響を及ぼしかねません。

ほめかた

自分がどういう人物であるか、ということへの混乱は、私達が子供に「大きくなったら何になりたいか」と尋ねるときに、生じることがあります。

「生計を立てるためにどんな仕事をするか」が、「その人はどんな人物であるか」と、あたかも等しいかのように尋ねるからです。

職業や所有物は、その人の特質や価値を決めるものではありません。

子供が、自分は何者であるかを見出し、自尊心を高めるのを助けるうえで、わたしたちは子供が成し遂げたことや、行動、つまり行いを褒めることができます。

しかしもっと賢明なのは、まずその子供の人格と信念、つまり ひととなりを褒めることです。

子供に、何か家の手伝いをするように頼むときには、「喜んで手伝ってくれるので助かるわ」など、その子供の性質を褒める方法も探すようにしましょう。

スポーツの試合で子供のプレー(行動)を褒める場合、賢明なのは、やる気や粘り強さ、打たれ強さ、などの特質を挙げて、内面と行いの両方を褒めるようにすることです。

子供が学校から成績表をもってきたら、良い成績を褒めることが出来ますが、しかし「宿題を全部提出したのね、難しいことに取り組んでそれを成し遂げられるのね、あなたを誇りに思うわ」などと、その努力を褒める方が、子供の心には良い気持ちがいつまでも残ります。

どのような人物になるべきか、を教えるうえで、最も大切な方法は、私達にとっての天の御父のような親になることです。

 







-人との関わり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

謙遜という徳を受け入れ、高慢を克服する

目次1 日食とたとえ話し2 福音の眼鏡をかける3 ソーシャルメディヤ4 高 慢 日食とたとえ話し (ゲーリー・E・スティーブンソンの話参考) 2017年8月21日にアメリカで、「皆既日食」が起こり …

人生をいかに生きるかが重要です、その生き方とは

目次1 三人の姉妹の人生の生き方2 世の中のとらえかた3 人生は選びによって決まります4 まとめ 三人の姉妹の人生の生き方 (ディーター・F・ウークトドルフの話から参照) 昔、ある国に三人の姉妹が …

人を赦すのは何回までか、イエスは7たびの70倍迄と言われた

目次1 成功とは失敗をくりかえすこと2 失敗を恐れず失敗から学ぶ3 何度過ちを繰り返せばよいのでしょうか4 悔い改めは人に必要なこと 成功とは失敗をくりかえすこと (リン・G・ロビンズの話し参照) …

幸せとは何か、それはお金や物では計れない心から来るものです

先日ある人からこの様に問いかけられた。『「幸せ」って何?』 目次1 幸せとは人によって違うもの2 しあわせとは「仕合せ」というもの3 金澤翔子の幸せ4 真の幸福とは、そして幸福の秘訣は5 まとめ 幸せ …

感謝はなぜ必要で大切か、感謝は神からの賜物です

目次1 感謝の心は神様が与えて下さる祝福や、周りの人達からもたらされる事で得られる。2 感謝は天の原則です3 感謝の気持ちを育てるには 感謝の心は神様が与えて下さる祝福や、周りの人達からもたらされる事 …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています