人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

神様の存在

人生の浮き沈みの中で、自分は見捨てられたと感じた時、思い起こして欲しい話

投稿日:

神は私達を御存じです

ケイス・J・ウイルソン   ブリガム・ヤング大学古代聖典学順教授 の話

意気消沈した時にナインのやもめを思い起こす

イエスはやもめが正に助けを必要としている時に、助けにこられました。

そして、わたしたちのもとにも同じ様に来てくださいます。特に忘れられた、あるいは見過ごされたと感じる時には、このことを思い出してください。

新約聖書のある女性のことを考える

人生の浮き沈みの中で、わたしたちは、自分の日常生活の中で、神があまり心にかけてくださらない、と感じることがあるかも知れません。

日々の生活はつまらなくて単調に思えます。大した変化もありませんし、自分の状況のどこに神が直接介入してこられたかを、指摘するのは難しいこともあります。

そんな風に自分が取るに足りない人生を、送っていると感じたときに、私はよく、同じ様に感じていたかも知れない、新約聖書のある女性のことを考えます。

この女性は聖典に名前は出ておらず、住んでいた村と、やもめという逆境のみで知られています。

その女性はナインに住んでいるやもめで、福音書の著者の中で、ルカだけが、この彼女の驚くべき話しを記録しています。

私にとってこのやもめの話は、救い主の個人的な務めと、救い主が当時の社会の、意気消沈していた庶民に手をさしのべられた様を、凝縮しています。

この話しは、神が私達のことを御存じで、私達を心にかけておられるかどうかという問題に、見事に決着をつけています。

イエスの計画

ルカ7章に描かれているこの奇跡を、おおまかに言うと、イエスが、死者を葬りに行く行列に出会って、亡くなった若者を生き返らせたという話しです。

しかし、この状況には、理解しておくべきことがまだ沢山あります。そのすべての奇跡について言えることですが、特にこの奇跡について言えることは、背景事情を理解することが不可欠だということです。

私はブリガムヤング大学エルサレムセンターで教えていましたが、この奇跡について、個人的な見解を皆さんに伝えたいと思います。

イエスの時代に、ナインの町は、エズレルの谷の東側であることを示す、モレの丘を背にして広がる小さな農村でした。村そのものは人里離れた所にあり、そこに通じる道は一本しかありませんでした。

イエスの時代に、それは小さな比較的貧しい集落であり、その点はその後も変わっていません。歴史的に見るとこの村は、わずか34世帯、人口189人という時代もありました。

現在ここには1500人ほどが住んでいます。

ルカは前日に、イエスがカペナウムにいて百卒長の僕を癒された話を、最初に書いています。そして「翌日」にイエスが大勢の弟子達とともにナインの町に入った事がわかります。

この順番はとても重要です。

カペナウムは、ガリラヤの海の北岸にあり、海抜マイナス183メートルです。そして「ナイン」はカペナウムの南西48キロメートル程の所にあり、海抜213メートルですから、ナインに行くには、かなり急な坂道を登って行かなければなりません。

カペナウムからナインまで徒歩で行くには、少なくとも1~2日はかかったと思われます。

最近ブリガム・ヤング大学エルサレムセンターの若者たちが、この同じ行程で舗装された道を歩いたところ、10時間かかりました。ということは、

イエスが翌日の葬列に出会うためには、イエスは非常に朝早く起きるか、または、夜通し歩かなければならなかった事になります。

イエスが過酷な旅の後に町に近づかれると、20代と思われる若者が、死者を載せる板に載せられて運ばれている所でした。

この若者は、やもめの一人息子であったとルカは述べており、このやもめにはほかに子供がなかった、と解釈しています。この家族の一大悲劇に、大勢の村人が付き添っていました。

息子が亡くなるのはだれにとっても悲劇であることは明らかですが、このやもめの状況が何を意味するのか、考えてみてください。

古代のイスラエルでやもめに跡継ぎがいなくなることは、社会的、精神的、経済的に、いったいどんな事を意味していたでしょうか。

旧約聖書の文化では、夫が老年に達する前に亡くなると、それは罪のために下った神の裁きのしるしだと信じられていました。

そのため、残されたこのやもめには罰が下ったのだと考える人もいたのです。

精神的、情緒的な苦しみだけでなく、このナインのやもめは経済的な破綻にも瀕していました。飢え死にすらしかねない状況だったのです。

女性は結婚すると、夫の家族となって経済的に守られました。夫が亡くなると、女性を養う義務は生得権を持つ息子に受け継がれました。

このやもめは、生得権を持つ跡継ぎの息子が死んだのですから、経済的な支えを得る望みがなくなりました。息子が20代だとすると、このやもめは、中年の女性だと思われます。

人里離れた小さな農村に住んで居て、精神的、社会的、経済的に行き詰ってしまいました。

村人達がこの女性の息子を運んでいるほんの短い間に、イエスはその葬列に出会って、彼女に「深い同情」を寄せられました。

イエスは何らかの方法でこのやもめの、全く絶望的な状況を察知しておられました。

恐らく彼女は、なぜこうなったのか教えて欲しいと、土間にひれ伏して夜通し天の御父に乞い願っていたことでしょう。または、自分が陥ることになる孤独に、恐怖を覚えていたかも知れません。それは私達にはわかりません。

しかし、分るのは、救い主が直ちにカペナウムを発つことにされたということであり、埋葬する前に葬列に出会う為に夜通し歩かなければならなかったかもしれない、ということです。

死者を蘇らせる奇跡

そうです。葬列の後について歩くこのやもめの泣き腫らした顔を見て、イエスが深く同情されたのですが、この同情は、埋葬に向かうその行列に「たまたま」出会うずっと前に持っておられた感情だったようです。主が彼女にとって必要な瞬間に、計画的にそこに来られた、ということは明らかです。

そしてイエスは、やもめにこう言われました。「泣かないでいなさい」

主は、不浄だとされることなど恐れずに「棺に手をかけられると」葬列が止まったので、「若者よ、さあ、起きなさい」と命じられました。「すると、死人が起き上がって物を言い出した。イエスは彼をその母にお渡しになった」

大勢の村人とイエスに従う者達は、それまで共有していた悲しみが純粋な喜びに変わった。

しかしこれは、一人の打ちひしがれた人を救う、という奇跡でもあったのです。

イエスは、この女性が窮地に陥っていること、その文化の中でさげすまれる状況にある事を御存じでした。主は彼女が絶望的な状況にある事を御存じですぐ来られたのです。

 

さて、この出来事は確かに励みになりますが、これを、聖書に出て来るすばらしい話でおわらせてはなりません。

この話しは、この貧しいやもめ、人から忘れ去られ、窮地に陥ったやもめを主が御存じであったことを、紛れもなく照明しているのです。

イエスは、やもめが心底必要としている時に来られました。そして私達のもとにも同じ様に来てくださいます。

 

神は私達を心にかけ見守っておられます。しかし、神は普通、誰か他の人を通してわたしたちの必要を満たされます。

主がわたしたちを、お忘れになることは、決してありません。

 

 







-神様の存在

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

偶然と思われる出来ごとでも、実は偶然ではない

目次1 神聖な計らい2 世の中に偶然はありません3 一つの家族の話しとして4 偶然ではない 神聖な計らい (ロナルド・A・ラズバンドの話参照) おそらく、大抵の人は一度や二度位は、経験したこと …

人生において自分に与えられた使命とは

目次1 神は成すべき業を一人一人に用意しておられる2 ほかの人に心を向ける3 霊的な賜物を見つけてのばす4 試練から学ぶ5 神に頼ってください 神は成すべき業を一人一人に用意しておられる 神は モーセ …

クリスマスの意味、由来を正しく理解する

目次1 クリスマスの日を正しく理解する為に2 イエス・キリストの誕生の次第3 イエスの母マリヤ4 まとめ クリスマスの日を正しく理解する為に 十二月は世界中の人々が、クリスマスを楽しみ、祝い、幸せな気 …

神様は必要な時、私達に霊感によってそれを知らせてくれます

目次1 神の御声を聞く2 相反する声3 正しい声4 御声を見出す 神の御声を聞く (デビット・P・ホーマー の話し参照) 何年も前のことですが、私は免許を取ったばかりの新人のパイロットの操縦する小 …

イエス・キリストの福音とその真理

目次1 神会と救いの計画2 イエス・キリストの福音は、この計画の中心をなす3 神会について3.0.0.1 父なる神3.0.0.2 御子(イエス・キリスト)3.0.0.3 聖霊4 まとめ 神会と救いの計 …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています