人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

人生の目的

「贖う」という言葉の意味を分り易く説明、そして理解出来る

投稿日:

贖いとはどういうことか

一言で「贖い」とはどういうことかと言うと、「罪などの肩代わりをすること、またその代わりとなるもの」ということですが、特にキリスト教の教義の一つです。それは、自らでは贖うことの出来ない人間の罪を、神の子であり、人となったキリストが、十字架の死によって贖い、「神と人」との和解を果たしたことの、「赦しと和解」です。

ではその意味をもう少し分り易く、喩え話しで説明しましょう。

 

バージニアの山あいに、教室が一つしかない学校がありました。その学校の男の子達は、とても乱暴で、その子たちを制することが出来る先生はいませんでした。

ある日一人の若い経験の浅い先生が赴任してきました。

教師は皆、乱暴な男の子達にひどい仕打ちをうけている、と言われましたが、その若い先生は覚悟をきめました。

その先生は最初の登校日に、男子生徒に、自分達の規則と規則を破ったときの罰を作るように、言いました。そこでクラスの生徒は、10の規則を挙げ、それらが黒板に書き並べられました。

そしてその先生は言いました。「規則を破った人にはどうしますか?」すると彼らから、「上着を脱がせて背中を10回鞭でたたく」という答えが返ってきました。「わかったそうしよう」と決めました。

それから2,3日たった頃、トムという体の大きな生徒の弁当が盗まれました。

盗んだ生徒が分りました。10歳位の体の小さな お腹をすかせたジムという生徒でした。

小さなジムは、罰を受けるために出て来ると、上着を脱がなくて済むように嘆願しました。「上着を脱ぎなさい」先生がいいました。「君も規則を作る手伝いをしたんだから」

そしてその男の子は上着をぬぎました。彼は下着を着ていず、体は痩せて少し障害がありました。

先生が棒を持って躊躇していると、体の大きなトムが素早く立ちあがり、自分が代わりに罰を受けると申しでました。

「いいだろう、ほかの者が身代わりになれる法律もある。皆は賛成かい?」と先生が聞いた。

トムの脊中を5回打ったところで、棒が折れてしまいました。クラスのみんながすすり泣く声が聞えました。小さなジムが来て、両手をトムの首に回して抱きました。

『トム、ごめんね、君の弁当を盗んだりして、僕、とてもお腹がすいてたんだ。トム、僕は死ぬ迄ずっと君のことが好きだよ、僕の代わりに鞭を受けてくれた君のことが、そうさ、永遠に君が好きだ』と泣きじゃくった。

この様に罪などの代わりをすることが贖いですが、歴史上で最も偉大な出来事は、私達の救い主であるイエス・キリストのたぐい稀な贖いの業です。

これは過去に行われた中で、最卓越した業であると同時に、最も理解が困難な事柄です。

イエスの贖い

イエスは私達のために幾多の痛み「言葉に表せないほどの苦痛」「強烈な責め苦」を受けられました。ゲッセマネの園で激しい苦しみを受けられ、全人類の全ての罪をその身に負われ、苦痛の為におののき、あらゆる毛穴から血をながし、体と霊の両方に苦しみを受けれたのです。

イエスが行われたことは、神のみがお出来になることでした。肉体における神の独り子として、イエスは神聖な属性を受け継がれました。

イエスはこの世に生を受けた人の中で、この最も重要で神聖な業を成し得る唯一の御方でした。この地上に生きた唯一の罪のない人として、イエスは、わたし達が自分で出来ない事を私達の為に行ってくださいました。

 

イエスが全人類の罪を贖う為に、十字架につけられて殺された、その事を理解する為に、この「サイト」のカテゴリー(神の存在)で「私達はどこから来たのか、又死んだらどこへ行くのかを正しく知ることは必要です」の記事をを読んでください。

 







-人生の目的

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生は自分でしか決められない、失敗を恐れず諦めないこと

目次1 自立する事が必要です2 失望や心痛には原因があります3 自立はより高い目的を達成するための手段です4 まとめ 自立する事が必要です 人生に於いて私達は、ほかに頼らず生活出来る様になるために、自 …

地上での生活は神の計画の一部であり、神の計画に不可欠な部分です

目次1 人の誕生と死が人生の始まりと終りではない2 この世に生まれる前私達は、神と共に住んでいました3 救いの計画について4 イエス・キリストという人5 復活を待つ場所 人の誕生と死が人生の始まりと終 …

困難は乗り越えたとき益となる

目次1 困難は益となる2 困難は人生の計画の一部3 安易な道に気をつける4 恐れてはならない 困難は益となる 人は誰でも生きて行く過程で、困難な事に見舞われます。 その困難もさまざまありますが、困難は …

イエス・キリストの行いを模範として人生を歩むこと

トーマス・S・モンソンの話し参照 目次1 自分の歩む道に気をつける2 イエスを模範としてその歩みに倣う3 イエスの行動に倣いその模範に従うとは4 人は失望の道も苦しみの道も歩みます 自分の歩む道に気を …

幸福に至る道は進めば到達することができる。

目次1 幸福の追求2 幸福にくらす事3 幸福を選ぶ4 優しく楽しい人になる 幸福の追求 (ジェフリー・R・ホランドの話参照) 幸福は私達が存在する目的であり、目指しているものです。幸福に至る道を進めば …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています