人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

選択の自由

選択によって幸福にも不幸にもなる、選択はどの様にしたらよいか

投稿日:2019年10月31日 更新日:

(ジェームズ・E・ファーストの話し参照)

この世界では、多くの選択が求められます。

多くの選択の中には、非常に重要な選択もあれば、そうでないものもあります。

選択の多くは、善と悪を選ぶことです。

幸せになるか、不幸になるかは、何を選ぶかに大きく左右されます。

常に完全な選択をするのは不可能なことです。

しかし、満足のいく良い選択をして、成長することは可能です。

神の子供達が導きを受けるにふさわしく生活するなら

「とこしえに自由となり、善悪を知る」ようになり、

「思いなままの行動することができ、強いられることは」なくなります。

愚かな選択

人は時に周囲の圧力に負け、愚かな選択をすることがあります。

私の知人の「K」は、少年時代にその様な経験をしました。

友人とソルトレーク・シテ―の北東にある、イーストキャ二オンで 切り立った崖から人造湖に飛び込んで遊んでいた時のことです、一人がダムの最も高い所に登り、15メートルの高さから飛び込むと、10代の少年達の対抗意識が掻き立てられられました。

全員がダムの上に登り、同じ所から飛び込んだのです。物足りないと思った一人が言いました。「よーし、次はもっと高いところだ」彼は崖を18メートル登りました。負けず嫌いの Kも一緒に這い上がりました。

先に飛び込んだ少年が大丈夫そうだったので、Kも思いきって飛び込みました。高さを競い続けたのは、この二人だけでした。

友人は21メートルまで登り、飛び込みました。彼は笑顔で肩と目をこすりながら浮かんできました。そして次の様に言ったのです「おまえもやるか?」

「もちろんだよ」すると 水辺にいた少年達もいいました。「Kならやるよ決まっている」それで Kは泳いで岸に戻り岩を這い上がりました。

同じ所から飛び込んだら、相手がさらに高い所に挑戦するだろうと思い、Kは24メートルある崖の頂上まで登りました。誰もそれより上に行けません。

見下ろすと水面がはるかに下に見え、Kは恐ろしくなりました。向こう見ずな決断でした。望んだわけでも、正しいと感じたわけでもありません。今では名前すら思い出せないような、一握りの少年達にせき立てられて決断してしまったのです。

Kは後ろにさがり、崖の縁をめがけて全力で走りました。前もって注意深く岩に付けておいた印を見て、そこから宙に身を躍らせませました。

落下中に、「決定は慎重に、誤った決定で死ぬことだって有るんだから」と、言っていた両親の言葉を思い出しました。そして思いました。

「決定を誤った、こんなスピードで突っ込めば、水はコンクリート同然だ」実際コンクリートの様に感じました。

やっとの思いで、水面に頭をだした Kは、ホット胸をなでおろしました。

命にかかわる決定は自分であること

彼はなぜ飛び込んだのでしょう、何を示したかったのでしょう?

Kをせき立てた少年達は、この馬鹿げた行為を気にも留めず、思い出しもしないでしょう。 Kは後に、命を落としかねない決断をした事に気づきました。

友人の圧力に負け、したくもない事をしたのです。 愚かでした。彼はこう言いました。

「この世に生き、この世の者となっていた私は、自分をコントロール出来なかったのです。命にかかわる決定を自分で下していませんでした。大切な決定をこの世に任せてしまい、危うく帰らぬ人となるところでした。」

衝撃を抑え、決断を人任せにするような愚行をさけるには、ある種の勇気が必要です。

残念ながら取り返しのつかない選択もありますが、多くは修正できます。軌道修正し、正しい道に戻ることができます。

経験から学ぶのも有益ですが、試行錯誤から学ぶ方法は失敗も多いものです。

両親や気にかけてくれる人々、教師たちから学べば早く容易に進歩できます。

人の失敗から学ぶ事もできます。誤った選択の結果を観察するのです。どちらの道を選んでも、良い機会に恵まれる場合もあります。

例えば、職業の選択や学校を決める場合がそうです。

知人の中に聡明で有能な若者がいます。医者を志望していましたが、機会に恵まれず、法律の道に進むことにしました。そして彼は弁護士として大きな成功を収めていますが、医者になったとしても成功していたことでしょう。

大切な選択の中には、時間制限のあるものもあります。決定が遅れると永遠に機会を逸します。時として不安がある為に何かを変えるという、選択ができないことがあります。そして機会を逃してしまうのです。

ことわざにあるように、「選択すべきときに選択しないこと、それも一つの選択なのです。」

大切な選択の決定は一度だけ

ある選択は ほかの選択より重大な結果をもたらします。

この世の中では、結婚相手を選ぶことほど重大な選択はありません。この選択から永遠の幸福と、喜びが得られます。

結婚生活から最高の満足を得る為には、夫婦が互いに自らを完全にささげる必要があります。

満足と幸福につながる大切な決意は、一度だけにすべきで、一度決意したら後戻りしてはなりません。

不思議なことに間違った行いが、正当に見えることがよくあります。それが最も楽だからでしょう。

間違った行いには「だれでもやっているよ」という言い訳が付きものです。真理をゆがめるこの言葉はサタンの言葉です。「悪魔はこの様に人々をだまし、巧みに地獄に誘い落とす」のです。

他人の行いが物ごとの良しあしを、決定するのではありません。

一人の人が、勇気をだして正しい選択をすれば、多くの人に賢明な選択をする勇気を与えます。

「あなたは、自分の選びに対して責任を取らなければなりません。神の戒めに背く選択をしても、それを自分の環境、家族、友達のせいにすることはできません。あなたは神の子供であり、大きな力を与えられています。どの様な環境の下に置かれていても、正義と幸福を選ぶ力があなたにはあります。」

選択は慎重に、そして責任を持つことです。







-選択の自由

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人は物ごとを理解するのに、たとえ話ですると理解しやすい

(ジェームズ・E・タルメージの話し参照) 聖典の中では、イエス・キリストが使徒や人々に教えを話される時、よく喩え話でなさる時がありますが、それは聞く人がよく理解出来る様にです。また、それでも分ら …

選択の自由とは人に授けられた、自分で選び行動する能力と特権です

目次1 神様は全ての人に選択の自由を与えられた2 選択の自由は、責任を負うことです3 自分の人生でまちがった選択をしたとき4 選択の自由は何の為に必要か5 まとめ 神様は全ての人に選択の自由を与えられ …

世の中には反対のものが必要である

目次1 わたしたちは選択することによって進歩します2 すべての事物には反対のものがなければならない3 この世での試し4 誘惑されること わたしたちは選択することによって進歩します (ダリン・H・オー …

迷った時「安易な悪」ではなく「困難な善」を選ぶ事が重要

目次1 人生には選択する場面が沢山ある。2 この世で進む道が、次の世における目的地に通じる3 安易な悪ではなく、困難な善を選ぶ4 まとめ 人生には選択する場面が沢山ある。 人は皆、日ごろの生活をする中 …

重大な決定は、人の行く末を左右するので最善を尽くさねばならない

目次1 私達は様々な場にあって物事を決定しなければならない2 最も重要な決定は三つ3 人生の設計4 まとめ 私達は様々な場にあって物事を決定しなければならない (トーマス・S・モンソンの話しから) { …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています