人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

真理とは何か

父親の愛とはどういうものか、イエス・キリストの教える真実の道とは

投稿日:

イエス・キリストは、最も大切なことは「愛」である。と教えています。「自分を愛するように隣人を愛しなさい」とおっしゃいました。隣人というのは、全ての人々ということです。

私は今ここで、父親の子供に持つ「愛」とはどんなことか、また神様の教える道を聖書の中の喩え話から、紹介したいと思います。このお話は、新約聖書のルカによる福音書の15章にあります、放蕩息子のおはなしです。

放蕩息子

ある人に二人の息子があった。

ところが、弟が父親に言った『父よ、あなたの財産のうちでわたしがいただく分をください』。そこで、父はその身代を二人に分けてやった。

それから幾日もたたないうちに、弟は自分のものを全部とりまとめて遠い所へ行き、そこで放蕩に身を持ち崩して財産を使い果たした。

何もかも浪費してしまったのち、その地方にひどい飢饉があったので、彼は食べることにも窮しはじめた。そこで、その地方の、ある住民のところに行って身を寄せたところが、その人は彼を畑にやって豚を飼わせた。

彼は豚の食べるイナゴ豆で、腹を満たしたいと思うほどであったが、何もくれる人はなかった。

そこで彼は本心に立ち返って言った。『父のところには食物の有り余っている雇人が大勢いるのに、わたしはここで飢えて死のうとしている。立って、父のところへ帰って、こう言おう、

父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。もう、あなたの息子と呼ばれる資格はありません。どうぞ雇人のひとり同様にしてください』。 そこで立って、父のところへ出かけた。

帰ってきた息子はまだ遠く離れていたのに、父は彼をみとめ、哀れに思って走り寄り、その首をだいて接吻した。息子は父に言った。『父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。もうあなたの息子と呼ばれる資格は在りません』。

しかし父は僕たちに言いつけた。『さあ早く、最上の着物を出してきてこの子に着せ、指輪を手にはめ、履物を足に履かせなさい。また、肥えた子牛を引いてきてほふりなさい。食べて楽しもうではないか。この息子が死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから』。それから祝宴が始まった。

ところが、兄は畑にいたが、帰ってきて家に近づくと、音楽や踊りの音が聞こえたので、ひとりの僕を呼んで『いったいこれは何事なのか』と尋ねた。僕は答えた「あなたのご兄弟がお帰りになりました。無事に迎えたというので、父上が肥えた子牛をほふらせなさったのです」。

兄は怒って家に入ろうとしなかったので、父が出てきてなだめると、兄は父にむかって言った、『わたしは何か年もあなたに仕えて、一度でもあなたの言いつけにそむいたことはなかったのに、友達と楽しむために子ヤギ一匹もくださったことはありません。それだのに、遊女どもと一緒になって、あなたの身代を食いつぶしたこのあなたの子が帰ってくると、そのために肥えた子牛をほふりなさいました』。

すると父は言った。『子よあなたはいつもわたしと一緒にいるし、またわたしのものは全部あなたのものだ。しかし、このあなたの弟は、死んでいないのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから、喜び祝うのはあたりまえである』。

神の御心

この喩え話をこのまま読んでみると、兄だけが損をしたように思いますね、そして兄の怒る気持ちは分かる、と思うかも知れません。でも神様は全ての人を公平にいたします。この父親は神様のなさることをなさったのです。

つまり、こういうことです。財産の自分の取り分を取って親子の縁を切る、ということは、許されざる罪です。でも、この父親は、この道を踏み外した息子を家にお戻しになった。それも拒絶するのではなく受け入れられた。愛されるような形である。

しかし、この息子に失った権利をすべて回復するということは、言っておられません。

帰ってきた弟のために、盛大な宴を設けることへの兄の不平に対し、父はこう慰めます。『子よあなたはいつも私と一緒にいるし、またわたしの物は全部あなたのものだ』。そして、弟に言った言葉をもう一度言う。『このあなたの弟は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから、喜び祝うのは当たり前である』。

人が行う全ての選択は、その結果も拘束するのである。

真理について

この放蕩息子の喩え話の中で、神はそのことを真理であることを明確に示してくださっています。

弟は父の財産のうちの自分の取り分をとって、家を出ようと決意する。そしてそれを実行に移すが、その時点から、自然はその定め通りの道を歩み始める。そしてすべて使い果たした時、この放蕩息子はもう一つの選択をする。

すなわち、出てきた家に戻るという選択である。これを実行した彼は、今度は指輪と衣、肥えた子牛、それに父親の歓待を受けるが、最初の選択の結果が最後まで付きまとい、彼は自分の農場を手にすることは出来ないのです。

『父』といえども、最初の選択が生んだ結末をどうすることも出来なかったのである。

 

 

 

 







-真理とは何か

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

進化論・生命の起源について

末日聖徒イエス・キリスト教会「救いの教義」から、ブルース・R・マッコンキー編参照 目次1 生命自然発生論2 進化論は誤っている3 神が生命の唯一の源である4 進化論と宗教は両立しない4.0.0.1 ア …

宗教について真実を追求するなら霊的な方法で行う事です

目次1 真理と計画2 宗教についての真理3 末日聖徒イエス・キリスト教会4 御子イエス・キリストの贖罪 真理と計画 現代の啓示で、真理とは 「現在あるとおりの、過去にあったとおりの、また未来にあるとお …

真理とは何か、人によってその表現や思いが異なってくる

目次1 真理は一面だけでは語れない2 人々は真理をある真実の一部をとって語っている3 まとめ 真理は一面だけでは語れない 真理とは一言で言えば、本当の事、真の道理です。 しかし、一つの真理についても人 …

復活祭の意味と人の復活についての真理

目次1 復活とは何か2 復活祭の正しい日はいつか?3 最後まで耐え忍ぶ者は救われる4 神とまた天で会うために 復活とは何か キリスト教の行事に大切なのは「復活祭」ですが、これについて説明してみたいと思 …

クリスマスの真の本質について

ゴードン・B・ヒンクレーのお話参照 目次1 イエス・キリストに比べられる人生の人はいません2 短い一種のたとえばなし3 クリスマスのすばらしい本当の話 イエス・キリストに比べられる人生の人はいませ …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています