人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

信仰と愛

信仰について理解する、また信仰を持つとはどういう事か

投稿日:

デイター・F・ウークトドルフの話から

律法学者と石鹸職人

神を信じなかった石鹸職人に関するユダヤの古い物語があります。

ある日、律法学者とともに歩いていた石鹸職人が言いました。「わたしには理解出来ないことがあります。私達には何千年も宗教があるのに 悪い、腐敗、不正直、不正、苦しみ、飢え、暴力、が至る所に見られます。宗教は少しも世の中を良くしていないように思うのですが、そこでお尋ねしたいのですが、宗教は何のためにあるのですか?」

律法学者は、しばらくの間答えずに石鹸職人と共に歩きつづけました。やがて二人は、子供達がほこりまみれで土遊びをしている遊び場にさしかかりました。

そこで律法学者は言いました「私にも理解出来ないことがあります」「あの子供たちを見てください。私達には何千年も石鹸があるのに、あの子供たちは汚れています。石鹸は何のためにあるのですか。」

石鹸職人が答えました「でも律法学者さま、汚れたあの子供たちを引き合いに出して石鹸を責めるのはお角ちがいです、石鹸は使われなければ、その目的を果たすことは出来ないのですから」

律法学者は微笑んで言いました。「その通りです。」

私達はどのように生きたらよいのでしょうか

イエスの使徒パウロは、旧約聖書の預言者の言葉を引用し、信者であることの意味について端的にこう言いました。「信仰による義人は生きる」

この簡潔な言葉から、弱くて影響力を持たない宗教と、人生を変える力を持つ宗教との違いを理解することが出来るかもしれません。

しかし宗教によって、生きるとは何かを理解するには、まず信仰とは何かを理解する必要があります。信仰とは単なる信念ではありません。それは神を完全に信頼し、それに伴う行動を起こすことです。単なる願望でもありません。

ただ傍観し、うなずき、賛成します、と言うことでもないのです。

「信仰による義人は生きる」とは、信仰によって導かれ、進むべき方向が示されることを意味します。

信仰をもつ私達は、自らの信仰と調和した行動をします。盲目的な従順によって行うのではありません。神への信頼と心からの愛によって、また神がその子供たちに明らかにされた、きわめて貴い知恵によって行動するのです。

信仰には行動が伴わなければなりません。そうでなければそこに命はないのです。(モルモン書のヤコブ書2:17に「同胞を自分自身のように思いなさい。そして、すべての人と親しくし、あなた方のように彼らも豊かになれるよう、所有物を惜しみなく与えなさい」という聖句があります)

人ひとり変える力のない者に、世界を変えることなど出来ないのです。

信仰のある男女は、確信が持てないときでも、また物事が完全に見えず、はっきりと理解出来ない疑いと逆境のときでさえ、憐れみ深い天の御父を信頼します。

信仰のある男女は、弟子としての道を熱心に歩み、愛する救い主イエス・キリストの模範に従うべく努めます。

信仰は私達の心を天に向けるように、また同胞に進んで手を差し伸べ、彼らを高め、祝福するように励まし、実に霊感を与えてくれるのです。

行いのない宗教は、箱に入ったままの石鹸のようなものです。つまり素晴らしい可能性を秘めているにもかかわらず、実際には意図された目的に使われるまで、何の影響力も発揮できないのです。

イエス・キリストの回復された福音は、行動の福音です。イエス・キリストの教会は、希望、信仰、慈愛のメッセージである真の宗教を教えていますが、それには霊的にも、物質的にも、わたしたちの同胞を助けることが含まれるのです。

一貫した行動を伴う信仰は、心を親切心で、思いと知恵と理解で、魂を平安と愛で満たしてくれます。

そのようにして、信仰による義人は、行いを伴って生きるのです。すなわち義人は、神を信頼し神の道を歩むことによって、生きるのです。

このような信仰こそ、個人を、家族を、国を、そして世界を変えることが出来るのです。

まとめ

信仰とは、単に信念を表明することではない。

天の御父と、イエス・キリストを信じる真の信仰には、行いが必要です。

信仰によって生きることは、人生と家庭を変える力があります。

 

 

 







-信仰と愛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

信仰とは望んでいる事柄を確信し、まだ見ていない事実を確認する事

信仰とは「イエス・キリスト、希望、信じる、信頼」の言葉によるもの 信仰は、あるものに信頼を寄せることです、聖典に言われているように、信仰とは「イエス・キリスト」に対する確信と信頼であり、その確信と信頼 …

奇跡はあるのか、奇跡を望むなら信仰がなくてはならない

目次1 奇跡的に助かった事故2 正に奇跡でした3 奇跡とはどんな時に起こるのか4 まとめ 奇跡的に助かった事故 末日聖徒(ドナルド・L・ホールストロム)の話しから カリフォルニア州で、知人のクラーク・ …

愛は行いであり、愛は仕えること、互いに愛し合わなくてはならない

目次1 愛は心からの献身、思いやりの心です2 愛は赦すこと3 赦すことは簡単なことではありません4 まとめ 愛は心からの献身、思いやりの心です イエス・キリストが十字架にかけられる前日の「最後の晩餐」 …

感謝をするということは、どんな状況にあっても感謝する事

ディーター・F・ウークトドルフの話し参照 目次1 わたしたちは感謝することができる2 物ごとに対して感謝する3 自分の置かれた状況にあって感謝する4 信仰の行いとしての感謝 わたしたちは感謝するこ …

愛と慈愛との違いとは、慈愛は単なる愛慕の情ではありません

目次1 人には愛がなければ生きていけない2 愛と、慈愛と、思いやり、の違いについて2.0.0.1 愛とは2.0.0.2 慈愛とは2.0.0.3 おもいやりとは3 人には慈愛が必ずなければならない 人に …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています