人生の目的を知り人間関係を学ぶ

人生の目的を知り、その目的に至るまでの生活や人々との関わり方について、学ぶ事が出来る。

人との関わり

躾とは子供の思いを理解してから、行わなければならない

投稿日:2017年9月25日 更新日:

幼子のようになりなさい

子供は、かわいくて無邪気な者です。そしてその心は純粋です。だから聖書の教えにこの様に書いてあります。

「幼子のようになりなさい」と しかし親達はその幼子の純粋な気持ちが分らず、その子供のやっている事を見て、それが気に入らないと、すぐ怒ります。

「何しているの!」「もっとちゃんとしなさい!」「駄目じゃないの!」等とです。これには子供は戸惑います。そして悲しくなります。

大人によっては言ってる事が時々違う事があるからです。

たとえば、こんなお話があります。

お母さんへの愛を、子供は態度で示します

色んな面できちんと教育している御両親に、素直な賢い子供がいました。その子は幼稚園児でした。

両親はいつも正しいことや、礼儀作法等をきちんと子供達に教えていました。

また、その家族は毎週日曜日に「イエス・キリスト教会」に行っております。

ある「母の日」に教会で子供達の発表会がありました。その日はプライマリーの子供達が「母の日の歌」をお母さんにプレゼントします。

舞台の幕が開き、可愛い何人かの子供達が一列に並んでいました。そして挨拶の礼をしてピアノの伴奏が始まって、子供達が歌いはじめました。

皆お行儀よく、正面の客席に向かってきちんと並んで歌っている中で、一人だけ横向きになって歌っている男の子がいました。

それに気付いた一人の男性が(あの子は何故横を向いているんだろう、何処の御子さんかな?)と思いよく見たら、自分の息子でした。

(えっ、うちの子じゃないか 何故一人横向きで歌っているのだろう?)と思い、皆お行儀よく前を向いて歌っているのに、自分の息子だけが横向きになって歌っていることが恥ずかしくなって、顔が赤くなるほどでした。

子供に気付いて貰おうと思い、合図を送りますが気が付きません。とうとうそのまま最後まで歌い終わりました。

お父さんは怒りがこみ上げて来て、後で叱ってやらなければ、と思いました。とにかく恥ずかしくて仕方がありませんでした。

そして子供達の歌は終わって、その男の子はニコニコして席に帰ってきました。お父さんはすぐに怒りたかったのですが、子供が嬉しそうだったので、家に帰るまで我慢しました。

子供の心は純粋で素直です

家に帰って来た時お父さんは、すぐに子供に注意をしようと思いました。でも、その怒る気持ちを抑えて、まずこう聞いてみました。

「○○君今日の歌はとても良かったよ、でもお前はどうして横を向いて歌っていたの?皆前を向いていたのにお前だけ横を向いていたのはどうしてなのかい?」

すると男の子はこう言いました「ぼく、歌いながらお母さんをジット見ていたんだよ」お父さんは「どうして?」と聞きました。

男の子は言いました「プライマリーの先生が、『歌を歌う時はお母さんの顔をじっと見て歌ってね』と言ったので、僕はお母さんの顔をズ―と見て歌っていたんだよ」と言ったのです。

お父さんは怒れなくなりました。皆のお母さんは観客席の方にいましたが、男の子のお母さんはその時伴奏者で、舞台の横手でピアノの伴奏をしていたのでした。

まとめ

子供の躾で怒ることも必要ですが、その時はまず、問題についてお互いにしっかり考えを言って、分り合ってから間違っている部分をしっかり教えて行く様にすれば、子供もちゃんと理解してくれる筈です。

子供の躾は「怒る」ことではありません。よく話を聞いてやって、考えてる事を理解してやる事です。子供も大人も対等なのです。

 

 

 







-人との関わり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

感謝はなぜ必要で大切か、感謝は神からの賜物です

目次1 感謝の心は神様が与えて下さる祝福や、周りの人達からもたらされる事で得られる。2 感謝は天の原則です3 感謝の気持ちを育てるには 感謝の心は神様が与えて下さる祝福や、周りの人達からもたらされる事 …

誠実とは何か、どうすれば誠実になれるのか

目次1 ひとりではできない2 みな、人の助けは必要である3 この世での経験とは4 人生はひとりでは生きられない ひとりではできない (ロバート・D・ヘイルズの話参照) この世に生れてきたのは、ひと …

人生の岐路に立った時、目先の楽ではなく先々をよく考えて決める

目次1 後悔先にたたず2 悪を選ばず善を選ぶ3 最後まで楽しむ 後悔先にたたず 私は最近自分の歩んできた人生を振り返り、思い起こしてみると失敗ばかりでした。 それは今思うと、人生の困難な道ばかりをあえ …

悔い改めるのに遅すぎることはない、ただ引き延ばしは良くない

目次1 悔い改めは続けることが必要です2 放蕩息子のはなし3 悔い改めはすべての人の為にある4 まとめ 悔い改めは続けることが必要です 人生でいつも勝利を得ていないと不安に思う人がいます。 友達とゲー …

人を赦すのは何回までか、イエスは7たびの70倍迄と言われた

目次1 成功とは失敗をくりかえすこと2 失敗を恐れず失敗から学ぶ3 何度過ちを繰り返せばよいのでしょうか4 悔い改めは人に必要なこと 成功とは失敗をくりかえすこと (リン・G・ロビンズの話し参照) …

ようこそ 私は管理人の齋藤正子です。

新潟県出身  高校卒業まで新潟で過ごす。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」会員。

教育者の家庭に生まれ育ち、7歳で母親を亡くし、後信仰深い祖母に育てられたが、10歳の時父が再婚し、その義母に姉妹差別で育てられた事に悩んだ。 大学を卒業した後、様々な人々と関わり 「人生とは何か」に、疑問を持っていたある日「末日聖徒イエス・キリスト教会」の宣教師に出会い、「救いの計画」について聞く事ができた。

そして人生の目的や人々との関わり等について、また人と神の関係について学んだ。

私と同じ疑問を持っている方、又人々との関係を良いものにしたいと思う時に、参考になればと思い聖典等を参考にして書いています